So-net無料ブログ作成
検索選択

それぞれの仕上げ [handmade]

すこしづつ中途半端だったお洋服たち。副資材の到着を待って(ネットでリボンなどを買ったので)仕上げました。
まずはティアードスカート。白いスカートと同じように切り替えの位置にブラウンのレースをたたきました。

P7280027(1).JPG

本当はカーキ色がよかったのですが、なかなか思うものに出会えずネットショップでこのレースをカーキ色と合わせているのを見て相性いいかも・・・と選びました。

レースのポンチョも襟ぐりの始末が出来ていなかったので、ダラーンと伸びやすくならないように伸縮性のあるブレードで処理しました。ティアードスカートとも相性バッチリ。

P7290031(1).JPG P7290032(1).JPG

ノースリーブワンピースは木製のボタンをつけて、ベルトで引き締めるのもありかも・・・とコーディネイト。

P7280021(1).JPG

ま、トルソーさんはスタイルよいので何しても決まるわけですが、私が着たらこうはいかないですね(笑)

そうそう、先日誕生日を迎えた旦那さんにシャツを作ってみました。
パターンはこちら

P7300036(1).JPG

いやいや、この本の存在は知っていたものの今までちゃんと読んでなかったのですが、深い深い・・・。現役デザイナーがここまでデザインやパターンを載せてくれて、縫製工場の工程分析表やボタンの種類、はたまた美しい袖まくりのやり方まで(笑)載ってます。メンズに興味のなかった方にもぜひ読んでほしいです。

P7300037(1).JPG

P7300038(1).JPG

で、作ったのがこのシャツで
P7300040(1).JPG

着用すると
P7300035(1).JPG

あれ、イメージ違う?(笑)




ノースリーブワンピ(エスニック版?) [handmade]

以前母に作ったノースリーブワンピを布を変え、再度作ってみました。

P7280017(1).JPG

このエスニックな感じ、万人受けはしないかも・・・。でも私は気に入ったので、こんな風にカゴバックやこの間のストローハットと合わせてバカンスにでも行きたいなあと妄想してます(笑)

P7280018(1).JPG

P7280020(1).JPG

このワンピ胸のところにかなりの深いスリットがあり、直には着られません。ちょっと暑いかもしれないけれどタンクトップキャミと合わせてまたその色の組み合わせを楽しみます。今は手持ちのボタンにぴったり来るものがなく、ここで待機中。濃い色の木製のボタン、それかココナツのボタンなどが雰囲気に合うかも・・・。

ネイル [美容]

マンションで仲良くしてもらっている友人がネイル勉強していて、何度か練習台になっていました。
私としてはただでネイルしてもらえるし、その友人との爆笑トークが楽しくてむしろ喜んでいたのですが、今日はそのお礼として、無料でジェルネイルを施してくれました。

P7270015(1).JPG

短い爪で塗り映えしなくてごめんね。でもとっても気に入りました。
「逆フレンチで境目にホログラムや色々なキラキラ(名前がわからない(>_<))をきっちり並べないで、ランダムにしゅわりんと散らばして」とお願いすると、「しゅわりんがよくわからない。長嶋監督みたいだよ~」と言われてしまいました(笑)
こういうものって感覚なので、言葉にすると難しいですよね。


結局境目にキラキラをのせるときに、こういう感じでと伝えるとわかってくれました。地のベージュが私の肌の色とあっていたみたいで、爪だけが浮かずいい感じに仕上がりました。長持ちするといいな[ハート]

癒し [お気に入りのお店]

最近、暑さのせいか寝不足が続き、頭痛がすることが多かったのでで、整体に行ってきました。

凄腕でさわやかな先生がいる、私にとって癒しの空間はこちら。

http://www.comfy-seitai.com/index.html

モデルの倉本康子さんのブログに絶賛されていたサロン。震災前に肩こりがひど過ぎて一筋の希望を胸に、少し遠いけど都心のショッピングをかねてなら・・・。と門をたたいたのです。

まず、入ってから整体院らしからぬ雰囲気。そして、先生の話し方の爽やかなこと。

そして施術。今までに受けたことのない方法で、「何これ~!!超超きもちいい~!今までの整体はなんだったの?」と感激しました。まずは普通の台に下向きに横たわり、いわゆるマッサージ&曲がっている骨格のチェックをしていきます。
次に横向きになって首と肩回りのストレッチを含めた施術をしてくれるのですが、私が一番気持ちいいと感じたのは「肩甲骨を持って上に持ち上げる」ことです。自分じゃ絶対できないですよね。

その後、ベットを変え骨格矯正用のベットに移ります。右と左の骨盤の位置が違うと左右の足の長さが違うので合わせていきます、「では長いほうの左足に合わせていきまーす」といわれたので、「そうですね!短いほうに合わせないでくださいね(笑)」とお願いします。あと、細かい背骨のゆがみをその骨ごとに細かく矯正しておきます。
そして首。不思議な器具「おもちゃのピストル」のようなものを使って首の骨の歪みを治していきます。音もパンパンと軽く打たれているようなんだけどいたくはないんですよ(笑)

ここまででまた普通のベッドにうつり仰向けで首の下や股関節のストレッチをしていくのですが、これが痛い!!! 私は体がやわらかいのでストレッチで「いててて」と思うことはあまりないのですが、自分じゃできない方向に引っ張られそして、一番痛い位置でストップするのです。ここだけは早く終わって~!と思うのですが、そのあとはスッキリ[ぴかぴか(新しい)]

頭皮もマッサージしてくれて極楽~。先生の施術も素晴らしいですが、横向きになるときに貸してくださる抱き枕。仰向きになるとき足の下に入れる足枕があまりにも気持ちいいので、先生に「この枕ほしいんですけど」と言ってみるものの、整体用の特別なお店で買っているので一般の人は買えないかもしれないですよ・・・と。

私の次の誕生日に買ってもらいたいほどの一品!この間やっとお店を教えてもらったので(もしかして、ヘビーリピータになるまで教えてくれないのかな?)、次回の誕生日にリクエストしようと思います。足が疲れてダルーくなった時にそれに乗せて寝ると極楽の境地に連れて行ってもらえます。

とにかくおすすめなので、ながーく説明してしまいましたが、子育て中の疲れたママのたまのご褒美にもピッタリですよ。

終わった後、近くのお店をぶらぶら見るのも楽しみ^m^
よくいくのがサロンの近くにあるアンティークショップ「ロイズアンティークス」「FOBCOOP」「FranFlanのメガショップ」そして、こないだは行ってみたかった「BO-CONCEPT」「嶋田洋書」に行ってきました。インテリアショップではアイディアをもらい、家で真似したり、こんな家具ほしいなあ」と空想したり・・・。
嶋田洋書では海外の手作り本を片っ端からチェック。こんな素敵な一冊をお持ち帰りすることにしました。

P7270010(1).JPG

P7270011(1).JPG

P7270012(1).JPG

手芸本なのかインテリア本なのかと思うすてきなページばかりです。説明の英語は苦手でも(苦笑)、イラストを見ればだいたい作り方は分かるので、十分使えます^m^

また肩が辛くなったらこんなおまけつき青山ツアーに行ってみたいと思います。

暑中お見舞い [日々]

毎日ほんとうに暑いですね。
気分だけでも涼しくなるように、玄関の上のディスプレイに貝殻を並べてみました。

P7260009(1).JPG

体調をくずさないようにお気をつけくださいね。


ティアードスカート第二弾  そしてストローハット [handmade]

以前にアップした白のティアードを作るときに同時にカーキ版も作っていましたが、写真を撮るのを忘れていました。ちょうどこのブラウスにちょうどよくあったのでコーディネイトしてみました。
P7240003(1).JPG

そして、作り始めて3か月・・・。暑くなる前に絶対に編み終えるはずだったのに幾度の修正を重ね、泣きそうになりながらやっと出来上がった帽子がこちら
P7240005(1).JPG

できてしまえばこのフォルムの優雅さに今までの苦労も吹っ飛ぶというものです。
しかし、これを見た母に能天気に「いいわねえ。お母さんにも作って」と軽く言われそうでコワい(笑)

お知らせ

もう一つのブログを始めました。
よかったら見てください。

「小さな音楽会」

レースの真四角ポンチョ [handmade]

以前グリーンリバティで作ったポンチョ。こんな生地で作ったらどうかなと思ってました。
P7220123(1).JPG  P7220124(1).JPG

中に着ているインナーによってカジュアルにもドレッシーにもなりますが、レースは程よくカジュアルダウンして着るのが好きです。それでもこの後姿のドレープには気持ちまで女らしくなれそうです。

この生地、もともと波のような模様になっているのですが、袖回りがプツンと柄が途切れてしまうのがもったいないなあと思い、2柄ぶんをチョキチョキ切って、袖口にまつりつけました。
P7220127(1).JPG

着こなしとしてはパンツ以外にもスレンダーなワンピースやこの間のダンガリーデニムのスカートなんかも意外とマッチしました。
P7220130(1).JPG

あこがれのレース生地 [handmade]

P7210120(1).JPG

新宿のオカダヤに買い物に行ったときに、このレースを使ったワンピースが飾ってあり、なんて素敵なレース模様なんだろうとひとめぼれ
他のレースにはない高級感、品の良さ、質感、どれをとっても好み!!
いくらかな~と値段を見ると¥6、000/mではないですかっ。いくらなんでも、高いなあ~とあきらめて3年。

夏のセールで20パーセントオフのお知らせが来た時に、「買うならいまかなあ」と、清水の舞台から飛び降りちゃいました。これはぜったい大人の女性が着るべき生地ですね。
オカダヤでは下に重ねているサテン生地がもう少し濃い色でしたが、わたしはなるべくこの模様を浮き上がらせたくて少し明るめのトーンを選びました。
裁断では絶対に失敗できないと思うと、はさみを入れるのがこわいよー(笑)

レオタード [handmade]

ずいぶん前に作ったものですが、バレエのレオタードです。

P7200118(1).JPG

P7200114(1).JPG

娘の通っているスタジオは黒いもので華美な装飾のないものでないといけなくて、もちろんスカートやショーパンなども禁止。
ある意味お金がかからなくていいんですけどね(苦笑)

それにしても今年発表会なのに学校のプールで日焼けが・・・^^;


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。