So-net無料ブログ作成
思うこと ブログトップ

優先席 [思うこと]

今朝、特ダネを見ていたら電車の優先席を増やすかどうか・・・という話題を耳にしました。
最近若者が優先席に座っていて、前にお年寄りが立っていても席を譲らない人が多いそうなんです。
そもそも、優先席でなくても若い人や元気な人は席を譲るべきだから、わざわざ優先席を増やさなくてもモラルに問いかける活動をするべき・・・という意見と、やはりそうはいってもこのご時世疲れている人が多いので、そういう席でないと譲らないから増やすべき・・・という二つの意見で割れていました。

ここでそれに対してどうこういうつもりはないのですが(どちらももっともと思われる部分があったので)、先日こんなことがありました。
ユザワヤのセールのハガキがきたので、一番品数が多いと思われる蒲田店に(かなり家から遠いのですが)大量の生地を買いに出かけました。
その帰り、重い荷物を持って電車に乗っていますと、後ろからトントンと肩をたたかれました。
振り返るとおヒョイさん(藤村俊二さん)を15歳くらい若くしたような可愛らしい初老の紳士でした。
なんと、優先席に座っていらしたのに私に座りなさいと席を譲ろうとしてくれたのです。
確かに疲れていたし、荷物も重かったけどその方を立たせて自分が座るわけにも・・・(普通そう思いますよね)と思い、丁重に「ありがとうございます。でも大丈夫ですよ、座ってください」と言ってまた前に向きなおしました。山手線に乗っていたのですが、新宿まで乗るつもりが渋谷で私の前に座っている優先席の男の人が降りたのです。
その方の席を断っておきながら、ここに座っちゃうのもどうなのよ、と迷い、私も渋谷で降りて別ルートで変えることに決めました。一応降りるときにもう一度お礼を、と思いその方に軽く会釈をしたら、「気を付けて帰りなさいね」と言ってくれたのです。
なんだか見ず知らずの方なのに、心の触れ合いができたようでとっても暖かい気持ちになりました。

それにしてもこの年で席を譲られたのは二回目。一度目は妊娠中に貧血を起こして電車で倒れそうになったとき。この時はありがたく座らせていただきました。

日本のおじさん、外国の紳士と比べるとマナーやレディファーストに関して厳しい意見が多いですが、こんな素敵なオジサマもちゃんといるんじゃない・・・日本人もすてたもんじゃないなあと見直した一日でした。
思うこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。